#01 僕の役割・使命を説明します!

2019/07/19

#01 僕の役割・使命を説明します!

ダンスアライブの目的は『ダンス界のスターをつくる』です。その為にダンスアライブはステージをどんどん成長させてきました。時には強引に、大胆に、そして国内におけるバトルシーンを牽引するまでに成長してきたと思っています。

みなさんには仲間はどのくらいいるでしょうか?自分のライフスタイルと合う仲間がどれだけいるかで、自分が叶えたいことも、一人で叶えられないこともできるようになります。僕は自身のダンサー生活を経て、自然と仲間になっていったクルーをベースに自分たちの夢を実現できるイベントをつくり、様々な共感者を仲間に巻き込んで規模を拡大していくということを、この十数年継続してきてるわけです。その一つの形が『ダンスアライブ』なのです。

ダンサーは、ここ十年で爆発的に増えました。学校教育にもなり、世界を見てもこれほどのダンス大国は類を見ません。当然ながらダンスに触れる人が増えれば増えるほど、すべてに伝達することは難しくなりますのでカルチャー色は薄まっていきます。これがマーケットが大きくなってきている証でもありますが、マーケットが大きくなる時に必ずこの狭間が生じます。狭間が生じる最小単位はズバリ10,000人です。その10,000人を集めると新たな問題が出てきます。それが『バランス』です。今まで進んできたこの船の舵をどちらに切るのかという選択が出てくるのです。ダンスアライブは10,000人を超えてから数年間、大いに悩みながら進むことになりました。ストリートダンスの良さを、そのまま見せてもメジャー化できると考えて十年という月日を使ってきました。

僕は、十数年前に掲げたダンス界のスターをつくる場所としてダンスアライブを始めました。そしてその夢はまだ半ばです。僕が考えているダンス界のスターが生まれる場所としては、10,000人では足りません。会場だけでなく、メディアもインターネットも巻き込んで何百万、何千万、何億の人々を巻き込む大会にすることに、僕は自分の人生のすべてを懸けているのです。となると答えは「拡大路線」になります。僕の選択は、今までの十数年でつくり上げてきたこのクルーと、そこから発生させたダンスアライブというコミュニティーを武器に更に大きな場所へ挑戦することを決めました。その方が自分の使命を全うできるからです。

自分一人では何もできません。例えば自分の会社の社員全員が辞めたら何もできないです。ダンスアライブもそうです。僕は以前からダンスアライブはダンス界のスターを誕生させる場所だと言い続けています。そして今までの内容で、カルチャーコミュニティー路線ではなく、僕の使命はマーケットの拡大の方に尽力するということが分かってもらえたと思います。ゆえに、今後ダンスアライブの舵の切り方が今までと違う方向になるかもしれません。しかしながらそれがダンスカルチャーのことを理解してないということでもなく、そのことを考えなくなった訳ではないということをみんなには知ってもらいたく宣言しています。僕は今の仲間たちとともに成長し、自分たちにしか達成できないことをやります。逆に、濃い部分は、それらをできる仲間に完全に任せます!そして、タイミングが来たら一緒になればいいと思っています。

時間はありそうで、限られてます。最終的には、みんなで笑ってメシが食えたら言うことなしの人生になるんじゃないでしょうか!そしてDANCE ALIVEがみんなで誇れる大会として後世に残っていくように・・・。