#5 いつも応援していただいている皆様へ

2020/04/06

#5 いつも応援していただいている皆様へ

いつも応援していただいている皆様へ

株式会社アノマリー代表取締役CEOの神田勘太朗です。
平素より当社アノマリーの主催するダンスイベントを応援いただきありがとうございます。

今回は当社主幹事業となる「DANCE ALIVE HERO’S」の4月開催におけるお話をさせていただきます。

現在猛威を振るっている新型コロナウイルスによる被害ですが、当然ながら私達にも影響があります。
予定しておりました4月26日の両国国技館での決勝大会「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2020 FINAL」をギリギリまで開催できるよう準備しておりましたが、この状況下の中開催におきまして断念せざるを得ない状況となりました。

1年を懸けてこの両国国技館の決勝のステージをめざしていた参加ダンサーの皆さんの気持ちを考えるととても胸が苦しく、また毎年チケットを買っていただいているアライブファンの方々に対しても同じ想いです。
コロナウイルスに対して隠しも出来ない嫌悪感が存在します。誰も悪くなく、自然災害的な危機的状況にまでなってしまった現状に対し自分の出来る決断は、少しでもクラスターの危険性が伴う大会の開催を取りやめることを決断することしかできません。

ダンサーという職業はフリーランスの側面が強く、今回ダンス界にとっても非常に大きな被害が出ております。
自分が今出来ることはダンスアライブをなんとか開催するということも1つだったのですが・・・。

2011年3月11日に東日本大震災を経験しておりますが、その際も同じような自粛ムードがありました。
4月に開催をめざしていた当時、世の中の自粛ムードに終止符を打つべく万人規模のイベントを、結果として日本で最初に開催しました。
開催した上でダンサーが何かできないか?ということで「Dance for Action!」と題して募金活動や救援物資を届けるというような活動も行いました。優勝者メンバーが賞金を募金に充てたことなどもありました。

今回も、きっとダンスアライブは開催してくれる!という皆さんの熱い想いが自分の責務としてものしかかり、周りのイベントが自粛を発表していく中、ギリギリまで決断を遅らせるということを今回は選択し協議してきました。
しかしながら参加者、支援者、多大なサポートをしていただいている各企業様に対して、これ以上待っていただくことが出来ない時期へ差し掛かりました。
現状を踏まえましても、いつから経済が、そしてイベント自粛が解除されるか分からない状況ではありますが、「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2020 FINAL」の開催につきまして4月26日は断念することを決定致しました。

つきましては決勝のステージをめざしてきたダンサーの気持ちをカタチにするべく、延期を模索しております。
会場は同じ規模で開催できない可能性が高く、日程に関してもハッキリと申し上げることはできません。
ですが、必ず開催ができるようアノマリースタッフ一同、全力で準備を進めております。

この数ヶ月、なんとか開催する為に練ったアイデアを沢山の仲間がサポートしてくれました。
その中には世の中が驚くような仕掛けも考えました。
延期する大会でも、皆さんが楽しんでもらえるよう自分も楽しみながらまだまだアイデアを考えてみたいと思います。

こちらの続報につきましては、状況が整い次第ご連絡させていただきます。
あらためて、この度は4月26日の開催を楽しみにしていたすべての方へ謹んでお詫び申し上げます。

またこの熱き大会を、皆さんの熱き熱量で開催できるまで。

株式会社アノマリー
代表取締役CEO 神田 勘太朗